現実的な戦いを ~10/21 仙台戦プレビュー~

29節終了時点での順位表
      勝ち点 差   30節  31節   32節   33節  34節
--------------------------------
12位 仙台 35  -11  H清水  AG大阪 H大宮  H横浜  A甲府
13位 札幌 31  -12  A東京  H鹿島  A清水  AG大阪 H鳥栖
14位 清水 29  -17  A仙台  A東京  H札幌  H新潟  A神戸
15位 甲府 28  -13  AC大阪 H神戸  A新潟  A大宮  H仙台
--------------------------------
16位 広島 27  -14  H川崎  H浦和  A神戸  H東京  A柏
17位 大宮 22  -23  H柏   AC大阪 A仙台  H甲府  A川崎
18位 新潟 12  -36  A磐田  H鳥栖  H甲府  A清水  HC大

泣きっ面に蜂でテセが怪我

テセが不在ということで前線からの守備が課題になりそう。航也とチアゴはジョーカーで使いたいからデュークと金子か。中盤は潰しができるフレイレを思い切って先発で使いたい。今、エスパルスのボランチで潰せる選手が見当たらない。よってどうしてもそこで相手に自由にボールを持たれてしまうシーンが目立つ。フレイレなら高さもあるし、適任だろう。そのために獲得した選手のはず。たかだか1試合や2試合で見切りをつけてしまったことの方が問題だったのではないか。今はもうフレイレの守備力を信じるしかない。相棒は怪我から復帰した増田と河井をそれぞれ時間限定で使えればリズムも変わるし、攻撃としてはバリエーションも増えるだろう。DFラインは后が出場停止なので二見を本来の左SBで使いたい。彼のロングスローは武器になるだけに、セットプレーのバリエーションも増えて相手に余分なファールや安易にタッチに逃げるという選択肢を与えないですむ。このぐらいの思い切った選手起用をしなければこの局面は打開できないような気がする。

テセの怪我での離脱を「災い転じて福となす」にしなければ、残留への道は開けてこない。

そんなところへ杉山浩太今シーズン限りで引退のニュースが飛び込んできた。

熱きオレンジ魂を持った闘将、オレンジレジスタの目の前で無様な試合はできない。浩太をJ1残留を決めて笑顔で送りたい。そのためにも、がむしゃらに熱く、しかし冷静に残り5試合に臨んでほしい。

 

ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。