キャプテンの不在

第20節 2017年8月5日(土)19:03KO ベアスタ

DATA 鳥栖 清水
FK 23 20
CK 2 7
PK 0 0
シュート 8 10
警告/退場 2/0 2/0

 

昨日の試合はセットプレーというか守備時の一瞬のスキというかフリーの選手を作ってしまう悪い癖が出たというか、もったいない失点だったと思う。ただし、その後、いい攻撃は出来ていたし早い段階で追いついていれば勝ち点を取れる試合だったからもったいない。レビューでも書いたけど、キーポイントになると思っていた守備時の集中力と守備から攻撃、攻撃からの守備への切り替えが暑さと風の影響か、少し集中力を欠いていたかなという印象。確かに権田の好セーブもあったけど前半終了間際の悠の飛び込みは一瞬の躊躇なのかスピードなのか、あそこで決めきれないことが今の順位に甘んじている原因だろう。

今こそ「球際」

 

去年はキャプテンが不在の中で結果を残し、そこから一気に駆け上がっていった。それがこの試合。今こそこの言葉を思い出し、キャプテンが不在でもこの暑さの中で上位陣との戦いが続く試合を乗り越えなければ、本当に厳しくなる。休む間もなく水曜日には同じようにJ2から上がったセレッソとの試合が待っている。鳥栖戦で出た課題の修正も必要だが、まずは気持ちのところが大事じゃないかと感じた試合だった。

試合結果を更新しました。

 

ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。