J2リーグ 第13節ホーム徳島戦

第13節 2016年5月15日(日)15:04KO アイスタ

DATA 清水 徳島
FK 11 12
CK 8 5
PK 0 0
シュート 12 12
警告/退場 0/0 0/0

公式スタッツではシュート数は同じ12本。コーナーキックに至っては徳島5本に対して清水8本。しかし枠内シュート数は清水はわずか2本。決定的なシュートも徳島のほうが上回っていたし、数多くあるコーナーキックも活かせず。右サイドの村田・川口のコンビも研究されて武器にならず。中盤はセカンドボールを相手に拾い捲られ、相手ボランチはノンプレッシャーでボール持つし、たまに元紀やテセにボールが入っても、そのこぼれ球に反応する選手がいない。もう立て直す時間はないよ。J1みたいに中断期間はないのだから、ミニキャンプをして立て直すなんてことはできない。ほんとに崖っぷちだよ。このままだと自動昇格どころか、プレーオフ圏内も危ない。そんな危機感がテレビの画面を通して感じられない。徳島の選手のほうが圧倒的に運動量あったし、気迫が感じられた。どちらが下位チームかわからないような試合だった。もうテセや元紀が自分が思うようなボールが貰えないと明らかに表に出る態度は見たくない。一度、前の4人は先発から外す荒療治も必要かも・・・

試合結果、更新しました。
ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。