11か月ぶりのホーム勝利

第10節 2016年4月29日(金)17:04KO アイスタ

DATA 清水 金沢
FK 13 16
CK 4 0
PK 0 0
シュート 14 4
警告/退場 0/0 2/0

 

去年の5月30日に川崎を相手に5対2で勝利して以来、ホームでの勝利から遠ざかっているエスパルス。そして今シーズンいまだ勝ち星のない金沢との試合。予想通り金沢は5-3-2の守備に重点をおいた布陣を敷いてきた。それでもJ2得点ランキングトップタイの元紀が躍動する。右サイドの川口からのクロスに元紀がダイビング気味のヘディングで先制!

しかし、ここ数試合でみられる得点後のふわふわした状態で、辻尾のフリーキックに太田康介←別人wwに決められて同点のまま前半を終える。それでも昨年までと違うところが前節あたりから見え始めたのが、ハーフタイムでの気持ちの切り替えやプレー内容の修正。昨年までならこのまま同点か下手をすれば逆転されて敗戦という悪い流れが予想されたが、逆に後半一気にギアを上げてきた。

右サイドで村田と川口が今まで見られなかった連携を見せる。村田が中へ絞れば川口が前に突破、川口が中に絞れば村田が前に突破と相手DF陣を翻弄し始めると、52分にはその村田が前への突破からゴール前にクロスを上げるとまたも元紀がDFをかわしてヘディングで決める。その直後57分には今度は川口が右サイドを突破しニアにクロスを上げるとそこに飛び込んだのは今度はテセ。またもヘディングで決めてリードを2点に広げる。ここまでの3点が全て右サイドのクロスからしかも3点ともヘディングという、これまでクロスは上げてもなかなか得点に結び付かなかったのがうそのような状態。

最後は交代で入った石毛のスルーパスに抜けだした元紀がキーパーの頭上を狙うループ気味のシュートを放つもキーパーに防がれるとそのこぼれ球を後ろから追いかけていたテセが押し込んでダメ押しの4点目。

2トップの2人が2点ずつ上げて、11か月ぶりに勝ち取ったホームでの勝ち点3。首位のセレッソが破れて引き分けたJ3からの昇格組の町田が引き分けで首位に立ったが清水も勝ち点差3の4位と徐々に自動昇格となる2位以内が手に届く位置につけてきた。

ホームでの久し振りの勝利を無駄にしないためにもこの後のGWアウェー2連戦が非常に大事になる。特に次節はセレッソを2対0と完封した京都が相手。ここで勝って一気に上昇気流に乗っていきたい。

得点シーン(ハイスピード 無音)

 

11か月ぶりの選手・監督・コーチ総出の勝ちロコ

試合結果更新しました。
ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。