内定1号そしてホーム勝利へ

いきなりの吉報が飛び込んできた。

飯田貴敬選手(専修大)来季新加入内定のお知らせ

鎌田の怪我で本職の右SBは川口のみ。川口を新潟からレンタルで獲得していなかったらと思うとぞっとするような状況だっただけに、有望な本職の右SBの選手を獲得できたことは非常に嬉しいニュース。過去の例を見ると特別強化指定にしてその後に契約という流れだったけど、強化指定したからといって獲得が保証されることはないわけで、現在のカテゴリーがJ2であるということを考えると獲得を優先させたことはスカウト陣のグッジョブだったと思う。今後、大学側と交渉し特別強化指定を目指すんだろうけど、専修大学でも副将で主力選手だけに簡単にはいかないだろうし、もし強化指定できたとしても怪我だけには十分注意して大事にプロの試合に慣れさせてほしい。

そんな吉報があった2日後の今日はホームで金沢戦。金沢戦といえば2013年の天皇杯での対戦。まだ金沢はJFL所属。エスパルスはJ1というカテゴリーが2つ違うチーム同士の対戦だったが厳しい試合になり、ギリギリのところで勝利した試合だった。

今シーズン、金沢はカテゴリーを上げてJ2へ、エスパルスはカテゴリーを落としてしまいJ2へ。想像しなかった同一カテゴリーでリーグ戦での初めての対戦。金沢は今シーズンいまだ未勝利、得点は7点、失点も13点と非常に苦しんでいるが、元エスパルスの廣井や辻尾がいるだけに前節の北九州の原一樹のように高いモチベーションを持って試合に臨んでくることは間違いない。

北九州戦で先制されながらも、逆転した勢いを持って今度こそホームでの勝利を勝ち取り、一気に勢いに乗っていきたい。まずは守備の集中を切らさずに試合に入ることがカギになりそう。そして元紀やテセ、白崎、航也、河井といったところの攻撃陣の流れるような得点シーンを多く見せてアイスタを歓喜の渦に巻き込んでほしい。
ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。