3/2 ホーム開幕戦の敗戦で見えた明るい兆し

ホーム開幕戦は、幸先よく先制するものの前半のうちに追いつかれ、後半立て続けに3点取られて、このままなすすべもなく終わるかと思われた終了間際、石毛のクロスバーを直撃するフリーキックの跳ね返りを滝が詰めてリーグ戦初ゴールで意地を見せたものの悔しい敗戦。そんな中、先制点の場面はこの先に繋がる明るい兆しだったのではないか。ツイッターで紹介されていたので、ここで紹介しておく。

 

ガンバ戦の中村慶太の先制点
シュートもさることながら二回のサイドチェンジのパスも素晴らしい。決定力ドリブルだけでなく視野も広い良い選手を獲得した pic.twitter.com/ccDT3i4iKp

— パウロ (@pauronico) 2019年3月2日

中盤でボールを受けた中村が得意のドリブルで突っ掛けるのでなく、右の飯田に預けて前線に走りこむ。ボールを持ち込んだ飯田がその中村へ。中村はワンタッチで更に大外の立田へ。ワンタッチでサイドチェンジしたことで、相手DFが立田にプレッシャーをかける前に立田も余裕をもってクロスを上げる。ニアで航也がつぶれてその背後に走りこんだ中村が見事にゴールを決めた。変にボールを持ち続けることなく、シンプルにボールを動かしたことで相手DFを崩したきれいな先制シーンだったと思う。今後、このようなシーンが増えてくれば攻撃に関してはあまり心配は必要ないと思う。

守備については、もう少し整理が必要かと思うが、早い段階で課題が出たことで修正は可能だと思おうが、今年は中断期間がないので、ヴァンやソッコ、立田の連携の熟成が急務だ。そこにエウソンが復帰した時に3バックでいくのか、あくまでも4バックで行くのか、そこはベースをはっきりさせたうえで守ることが必要になると感じた敗戦だった。

水曜日には、ここ数年苦手とする松本を相手にルヴァンカップの予選がある。ある程度のターンオーバーが想定される中、ここで苦手意識を払拭してリーグ戦での勢いを取り戻したいところだ。

ランキング参加してます。↓↓↓↓ にほんブログ村 にほんブログ村