SBの守備の改善が課題

まさかのハンド見逃しから帳尻合わせのファールで得たPKをジャンケンに勝った(笑)航也がきっちり決めて先制。更にクリスランまでPKを獲得。後半には飯田のサイド突破からのクロスにクリスランがヘッドで折り返し航也がダイビングヘッド。更にクリスランが中に切れ込んでからのグラウンダーのクロスに金子が飛び込んで4点目。普通ならきっちりクリーンシートで終わらせるべき試合だが、帳尻合わせのPK2本がなかったらこの試合どうなっていたかわからない。それだけ湘南の圧力に苦しめられた試合だった。特に両サイドの守備は課題が明らかだった。

右サイドの飯田は攻撃面ではインパクトを残せたが、守備面では簡単にクロスを上げられてソッコ、フレイレのCBコンビと六反の頑張りがなければ何点入れられたかわからない。上位のチームとの試合では命とりになる守備だった。

輪をかけて酷かったのは左の松原。攻撃では何度かいい上がりを見せていてシュート(右足のボール扱いもう少し練習しましょうww)も見せていたが、守備では後手後手に回っていた。前半でカード1枚貰っていたにもかかわらず、安易に相手の腕を引っ張ってしまい2枚目のカードで退場という事態を招いてしまった。確かに主審のジャッジには疑問符が付く場面は多かった。相手のはっきりしたアフターや顔付近に足が上がったプレーに対してカードを出すそぶりも見せず、松原の1枚目のカードもファールを取るのはいいとして、カード出すのはどうかとも思う。ボールに対しては5分に見えたし、若干アフター気味とは見えたが湘南の後ろからのアフターから比べればカードに値するかどうかは疑問が残る。それでも松原は1枚貰っていることを意識したプレーが必要だった。相手に前を向かれているわけではないのに安易に腕を引っ張てしまい、このプレーが2枚目のイエローとなり退場となってしまう。松原のギラギラしたプレーは嫌いじゃないし、変におとなしくなってほしくはないが、もう少し大人にならないと今後守備面で使いづらいし、代表への道も遠のいてしまう。

中断までルヴァンカップの札幌戦とリーグ戦は川崎戦を残すのみ。ルヴァンカップは札幌に勝って更に磐田が引き分け以下と自力プレーオフ進出の可能性がないが、とにかく勝利あるのみ。川崎には最低でも勝ち点1は持ち帰りたいところ。そして中断期間にもう一度守備の意識付け、特にSBの守備力改善は重要課題だろう。かといって攻撃力を落とすわけにはいかないので、バランスの取れた守備と攻撃の切替も含めて改善してほしい。

 

ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です