餅は餅屋~本職はSB~

やはり餅は餅屋。右SBは立田に代えて飯田、左SBには松原に代えて二見を入れて臨んだ柏戦。フレイレが怪我から復帰したことでCBにソッコと組ませることが出来たことでこの布陣が成り立った。中々点が入らない中、金子のコーナーキックから、こちらも久し振りのリーグ戦先発となったテセが一発で決めてホームで先制した。しかしその2分後、クリスティアーノにゴラッソを決められてあっという間に同点に追いつかれる。しかし今度はその1分後、今度はスローイングをテセが頭ですらしたボールを航也が抜け出してDFを二人かわしてシュートを決めて、勝ち越しに成功する。僅か3分の間にすべての得点が決まるという目まぐるしい展開のゲームを制して8か月ぶり、そして今シーズンホーム初勝利をあげて順位を7位まで戻した。

その勝ち越し点のシーンで、起点となったのが二見のスローイングだった。自陣からのスローイングだったが、二見の武器であるロングスローがピンポイントでテセに収まって航也の勝ち越し点に繋がった。それ以外でも、二見の左SBの守備面でもボールの落下点を的確に予測して、伊東純也を自由にさせていなかった。CBとしての経験が活きた面もあるかと思うが、やはり餅は餅屋だ。これで、左SBでレギュラーを張ってきた松原にもいい刺激になるだろう。松原にはもっとギラギラしたものを期待したい。

右SBの飯田も攻撃にいいアクセントをつけていたので、やはり本職のSBが両サイドに入ると守備でも攻撃でも安定感が増す。

まだまだ連戦は折り返しにきたばかりなので、先発の選択肢が増えたことは好材料だ。水曜日にはアウェーで広島戦があるが、ここで首位を走る広島から勝ち点をもぎ取ってこの勢いを本物にしたい。複数失点は2点差を追いつかれてそこから2点取って突き放した神戸戦と興梠一人にやられた浦和戦の2試合のみ。安定した守備は継続しつつ、攻撃時のアイディアがもう少し増えてほしい。

試合結果を更新しました。

ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です