出直しの浦和戦

相変わらず下位チームに弱いエスパルス。長崎にJ1初勝利をプレゼントしてしまった。全体的に動きが重かったが、長崎は中2日でアウェーを戦ったことを考えると連戦はまったく言い訳にならない。もう一度昨年ギリギリでJ1に残留したことを肝に銘じて、明日の浦和戦に臨むべきだ。

FWはテセの動きがもう一つだということが気になる。あまりに責任を一身に背負いこみすぎていないか。もっと重荷から自分を解放してあげてもいいと思う。

浦和戦では、FW、中盤、DFラインすべてで微調整が必要になると思う。

まずは、FW。そろそろ航也を先発に戻して、ダービーに出れなかった悔しさを爆発させる機会を与えたい。クリスランのマークが集中しているだけに、もう少し周りで動ける選手を配置したい。

中盤は、増田を使いたい。河井と竹内のコンビは攻撃時はいいが、守備に回った時に、やはり高さやしたたかさでまだまだなところがある。どちらかを増田に変えてリズムを変えたいところだ。更にいうなら、金子も最近のプレーを見ているとファーストタッチが大きくなりすぎて、みすみす相手にボールを渡してしまうシーンが散見される。ここは一度休ますのもありか。右に石毛、左に白崎もいいだろう。白崎は最前線ではなく、2列目か1.5列目が適任だと思う。

最後にDFライン。立田の背後をが最近の相手の攻めどころになってきている。高さでは勝てても、やはり本職のSBでないので後ろ向きの守備に難がある。そこをどう修正していくか。ここは守備重視で角田を使うのもありか。

どちらにしろ、まだまだ続く連戦をしたたかに勝ち抜くためにも、若さだけではなくベテランの試合経験が今こそ必要ではないか。

どちらにしろ、アウェー浦和戦は勝ち点1が最低の目標だと考えて、まずは守備から確実に相手の攻撃を抑えていくことが最重要になることは間違いない。

 

ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です