ホームで勝利を掴み取るために ~3/31 横浜戦プレビュー

今シーズンの横浜はかなりハイラインな戦術を取ってきている。その戦術に対してエスパルスがどう対応していくかがポイントになりそうな明日の試合。

詳しい戦術の解析はコチラを参考にしてください。

でもってエスパルスとしてどう対応するか。これまでの2トップは航也とクリスラン。裏に抜けることを得意とするタイプを二人並べているが、公開練習最終となった28日のミニゲームではデュークとクリスランの2トップを試したようだ。確かにここ数試合の航也は結果を残せていないが、裏に抜けたり一瞬で相手を抜き去ることを得意とする航也のプレースタイルは今の横浜のスタイルにはかなり有効だろうと感じるが、ヨンソン監督がどんな判断をするかたのしみなところでもある。

どちらにしろ、ここから続く連戦に備えてもいいスタートを切って4月を迎えたい。

 

ランキング参加してます。↓↓↓↓
にほんブログ村

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です